健康とクレジットカード

クレジットカードは少額の支払いでも便利なのですが、やはり高額の支払いにはとても助かっている場面があります。特に高額となりがちな支払いとしては医療費などの支払いがありますが、大きな病院だとクレジットカード支払いが出来るので万が一の入院時の支払いにも助かっています。また健康の予防という観念から考えると人間ドックの支払いにもクレジットカードが適応できる病院もあるので、せっかく高額になるのだからポイント還元を求めて人間ドックに行くのも悪くはない選択だと思います。当然ですが健康食品なども結構マニアで買っているのですが、それらの商品の購入にもクレジットカード支払いはとても便利ですし、通販で本当にクレジットカードは役に立つのを実感しています。

買い物時は暗証番号を使った方が良いのでは?

日本ではまだまだクレジットカード文化が行き届いていないように感じます。私はつい昨日もカードを使ったのですが、暗証番号ではなくサインを求められました。実は私は一度カードの番号を別のものと勘違いして忘れてしまったことがありました。そこで改めてカード会社に確認を取ったのですが、このことからもサインではなく暗証番号で買い物がしたいなと思っています。そうした方がレジがもし混んでいても作業が速いと思いますし、番号を忘れてしまう案件も少なくなるのではと思うからです。日常的に使わないのであれば忘れる件数も多くなり、なんのための番号かわからなくなってしまいます。決して使い勝手が悪いというわけではないのですが、サイン形式は譲らないのだなと感じています。

クレジットカードの持ち数を減らしてポイントを一本化

東京ディズニーリゾートにおいて、昔はJCBのクレジットカードしか使用できなかったため、ほぼここで遊ぶだけの為に所有していました。しかし、現在では各種クレジットカードはもちろん、デビットカードも使用できるようになった為、JCBクレジットカードを解約しました。以前は家計用・自分用等クレジットカードを分けて支払いを管理し家計簿代わりにしていましたが、現在はクレジットカードの枚数を減らす方向で整理しています。お財布の中もスッキリし、なによりクレジットカードのポイントが一つの場所にたまるので、ポイントが使いやすくなりました。ポイント数に応じて景品やギフトカードと引き換えられるものもありますが、やはり今は1ポイント1円のように支払時にすぐに使えるものが便利です。

クレジットカードの破損

クレジットカードが破損してしまったことがあります。カードを入れていたバッグを踏んでしまい、運悪くクレジットカードがバッグのポケットに入っていたので、ヒビみたいな線が入ってしまったのです。いつものように財布に入っていたのであれば、それほど影響はなかったのでしょうが、バッグを落としてしまう時に限って衝撃を受けやすい場所に入れていたりするものなのです。ちょうど、有効期限が2週間程で切れるところだったので、新しいカードが送られてくるまで自宅で保管することにしました。その間クレジットカードが使えませんでしたが、なるべく買い物をしないようにしていました。もし交換するのであれば、カードの裏面に記載されている電話番号に相談すればいいようです。その場合、再発行手数料が取られる可能性もあるそうです。経年劣化などによる破損であれば、手数料なしで発行してもらえることもあるそうです。

いつもの買い物でポイントを貯めよう!

私は買い物のほとんどをクレジットカードを使って済ませています。それこそネット通販から公共料金の引き落としまで。ここまではほとんどの人があまり気にせずにやっていることだと思います。しかし、日常の買い物はどうでしょうか?スーパーでの買い物やコンビニでのちょっとした買い物などでは、現金で支払いをする人の方が多いのではないでしょうか。そんな少額の買い物でクレジットカードを使うなよ、という意見もよく聞きますが、ちょっと昔と違って今では少額の買い物ならクレジット支払いをしてもサインを求められることはありません。カードを渡して、スキャンして、終わりです。これなら利用している人も多い電子マネーと何ら変わりはありませんよね。むしろチャージする必要もないクレジットカードの方が使いやすいまでもあります。コツコツとポイントを貯めるのが好きな人には、是非日常からのクレジットカードの使用をお勧めします。

クレジットカードのリボ払い

私は、クレジットカードを二つ使用しています。月の現金が足りないときはついついクレジットカードを使ってしまいます。主に、昼食代や、コンビニでお菓子を買ったり等の単価の低いもの、後は、服や美容院代。ひとつずつを見るとそこまで大きな買い物ではない為、大丈夫であろう、そう思っていたのですが、塵も積もれば山となる。この言葉の通り、二ヶ所のカードの月の支払いはきつくなり、両方をリボ払いにするようになってしまいました。リボ払いに出来る手軽さを覚えてからは、また強気にカードを使うように鳴ってしまいました。ある日、カード会社に支払い残高を確認したところ、想像以上に高額な金額であることが判明しました。そこで初めて、カードの使い方を見直す様になりました。今後は、カードを自分の負担にならない程度に使おうと思います。

クレッジットカードで海外旅行へ

以前知人のクレジットカードのマイレージで、なんと他人の私まで一緒にマイレージを使って海外旅行をさせていただくというすごいカードがあることを知りました。カードを使ったらマイレージが溜まりカード使用者本人がマイレージを使うことは知っていたのですが、まさか他人にも使えるというすごいカードが存在したのです。そのおかげで、日本からラスベガス、ラスベガスからハワイ、ハワイから日本という経路で旅行をすることができました。カードの得点は色々あるかと思いますが、私は海外旅行を格安でいきたいと思っています。なので、私は仕事用、プライベート用とカードを分けて使ってしまいたが、このことをきっかけにカードを変え、使用するのも一つにまとめてマイレージをコツコツ貯めることに専念しています。

クレジットカードの海外保険

クレジットカードについて疎かったころ、海外に旅行に行く都度海外保険をかけていました。たった2泊3日の台湾や韓国旅行でさえ、旅行会社に促されるまま申し込みをしていました。ところが、ワーキングホリデーで長期間にわたる出国で色々調べていたところ、クレジットカードに海外保険の機能がついていることを知りました。実際に私が持っているクレジットカードの補償内容は、傷害死亡・後遺障害、傷害治療費用、疾病治療費用、賠償責任(免責なし)、救援者費用、携行品損害(免責3,000円)で、最長90日間有効となっています。90日以上の滞在になる場合は海外保険に加入したほうがいいと思いますが、たかだか数日の旅行ならこれで十分だと思いました。もちろん歯科治療など対象外のものもありますが、旅行に行く方はたいていそれに向けてコンディションは整えていると考えられるので必要ないと思います。各カードで保証が多少違っているので、確認してみるといいと思いました。

クレジットカードのポイントの有効活用法

クレジットカードのポイントを有効活用するために大切なことはこまめにポイント交換を行うことではないでしょうか。1年程度で貯まるポイントを目標にして、目標を達成したらすぐに交換すると貯めることの意義も確認できてモチベーションも上がります。モチベーションが上がれば、できるだけクレジットカードを使って支払いをしようとかお得にポイントを取得できる日に買い物をしようというメリハリが出てくるのではないでしょうか。高額な商品などを狙って数年ポイントを貯め続けていても、なかなか交換できるポイントに達せずにイライラするのであればポイントの意味がありません。また、ポイントを交換するのであれば商品よりもギフトカードなどの金券や支払いに充当した方がその価値を確実に使用することができます。商品に交換すると型落ちの製品だったりすることも多く、かえって損をしてしまうことがあります。

ディズニーファンなら欲しい!

ディズニーファンなら夢見るクレジットカードといえばJCB THE CLASSです。選ばれし者しか入れない秘密のレストラン、CLUB33には誰もが憧れますよね。2012年に会員の募集が再開されて以来希望者が殺到し、14年後の2030年まで順番待ちの状態らしいです。しかしJCB THE CLASSさえ持っていれば、CLUB33の会員権を持っていなくとも年に一度入場の抽選に参加することが出来るのです。やはりJCBがディズニーのスポンサーだからなのでしょうか?優待はそれだけではなく、アトラクションの優先搭乗や、アトラクション待ち中にJCBラウンジで寛いだりもできます。更に特定のショップでの飲食代金は30%OFFにもなりますから本当に夢のようなカードです。